お客様の声

熊本市中央区 T様邸

外観
家族構成
夫婦
完成したのはいつごろでしょうか?
平成28年12月
家づくりのきっかけを教えてください。
熊本地震で築40年の2階建の家が半壊したため、
これを機に夫婦で安心して住める家をと思い、建て直すことにしました。
丸山住宅に決められたきっかけを教えてください。
5年ほど前、娘の家(新築)で丸山住宅の井上さんにお世話になっていたこともあり、今回は、光の森とTKUの住宅展示場に、その中でも2社だけ見学させていただきました。特に耐震性などの話をお聞きして両社検討しましたが、娘の時に良くしてくれ、良い家を建ててくださった丸山住宅の井上さんに迷わずお願いすることになりました。
室内の様子
家づくりのプランで気をつけられたことは?
お互い趣味があるので、2人の部屋を分けたことです。
それぞれの部屋の窓は防犯やプライバシーを考え高窓にしました。 壁の面も増えて広く使える様になりました。
また1部屋は天井の一部を吹き抜けにして天窓をつけたので部屋が凄く明るく開放感のある空間になりました。
リビングは皆が集まってもいいように広く取りました。 壁面には仏壇を置けるスペースを作った結果、更に広く感じらる様になりました。家具を置かなくてもいいように備え付けの収納を玄関やお互いの部屋等に沢山作りました。
キッチンとの境のテーブルカウンター下の壁は、汚れや剥がれを考えて、クロスではなく板張りにしました。
キッチン後ろの窓周りも同じ板張りにしてもらいました。
前の家で使っていたテーブル、ソファー、ランプなど、使えるものは今でも大切にそのまま使っています。
またリビングやキッチンの配置なども前の家の時とほぼ同じで違和感も感じられません。
これから家づくりをする方へのアドバイスをお願いします。
ホームページの「お客様の声」も沢山拝見し、参考にさせていただきました。
私たちの目的が明確だった分、話も早かったし、イメージ通りのものになりました。
自分たちの希望などをよく伝えて、あとは専門家に任せた方がいいいのではと思います。
最後に、、、最初から最後までとても丁寧なお仕事でした。
大工さんも朝早くから遅くまで本当に頑張っていただき、近所の評判も良かったので完成までを安心して見届けていました。
震災直後は先の不安でいっぱいでしたが、解体から完成までを思った以上のスピードと丁寧なお仕事をしていただきました。
お陰で満足いく家も建ち、今では夫婦二人、安心して暮らせています。
ありがとうございました。

丸山住宅から

ご主人はカメラ、ご夫人は刺しゅうでお互い全国誌などでその作品が紹介されるほど。
「写真と刺繍の二人展」という個展を開いたこともあり、今年も秋に予定してされています。
ご主人が撮った写真をご夫人が刺繍した共同の作品も制作されており今後も楽しみにしております。

担当営業:井上

▲ページ先頭へ